雑誌「Pen」小山薫堂さんの湯道百選にてやまと旅館が掲載されています。

この度、11月1日発売の雑誌「Pen」にて小山薫堂さんの湯道百選にてやまと旅館を掲載させて頂く運びとなりました。

「湯は、夢を熟成させる」という素敵なタイトル。

ドラム缶風呂ととうふやから始まったやまと旅館。

先代がたくさんの人をもてなし、自慢のとうふを食べてほしいという思いからスタートした。

小山さんの文面を読み、改めて先代の残してくれた財産の大きさ、引き継いでいくことの大切さと大変さを実感するとともに、おもてなしの原点に戻り、初心を忘れてはならないと気づかされる。

時代の流れに乗りながら、新しいことに挑戦しつつも、昔ながらの良さは引き継いで残していきたいと思う。

今はまだまだ試行錯誤しながらですが、少しずつ進歩していけたら幸いです。

小山さん、素敵な文章ありがとうございました。

来年の春には娘が修行のため都心へ旅立つ。

都会から平山温泉の田園風景とお湯の素晴らしさを改めて実感することでしょう。

その素晴らしさと先代の思いを引き継いで・・・・

 

 

 

 

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.